銘店伝説とは

あの味と、あの想いを、あなたの家で。

全国にある行列ができるお店や古くから愛され続けているお店。
各店それぞれにこだわりのある個性的な味を、
ご家庭で味わっていただくために誕生したのが銘店伝説です。
銘店と呼ばれるお店には、店主の“ 想い”が宿っており、味だけでなく
つくり手の“ 想い”までをも再現したい。
だからこそ、店主と納得がいくまで何度も話し合い、試作を繰り返し、
共に味を再現することで限りなく本物に近い一杯が実現できるのだと確信しています。

鍛えられた味覚を持つスタッフが、
味を徹底解析して再現しています。

銘店伝説の開発は、舌の記憶だけでスープの調合が分かる
“鍛えられた味覚”を持つ弊社の開発スタッフがお店に足を運び、ラーメンを味わうことから始まります。
鍛えられた味覚を持つ彼らが、スープやかえし、麺の材料や製法までをも解析し、
味を忠実に再現していくのです。どれだけ時間がかかろうと、製品化を急ぐことはありません。
なぜなら、販売よりクオリティを最優先する。
それが私たちの開発姿勢だからです。

店主が納得するまでは、
商品として絶対に販売はしません。

95%の再現率を目指すのであれば弊社の開発スタッフだけでも達成できます。
しかし、難しいのは残り5%。本物の味に一歩でも近づくために、店主に試食をしていただき、
首を縦に振っていただくまでは何度でも試作を繰り返します。
当然、銘店の店主のこだわりは生半可なものでななく、
「深みがない」「パンチがない」等の厳しい指摘をいただきながら、1つずつクリアしていくのです。
実際に、商品に至るまで2年もの歳月をかけた一杯もあるのです。